はじめてのホットヨガin三宮

ホーム > ホットヨガについてin三宮 > 三宮のホットヨガで大量に汗をかく快感

三宮のホットヨガで大量に汗をかく快感

三宮にはホットヨガスタジオがいくつもあり、どこもいまとても人気を集めています。
いままでにも三宮の駅近辺でホットヨガの看板を見て、なんとなく気になっていた人は多いでしょう。
すでに一般にも浸透したホットヨガですが、どのようなものなのか、普通のヨガとはいったい何が違うのか、まだよくわからない人もいるかもしれません。
ホットヨガは簡単に言うと、高温多湿の環境下でヨガをする手法です。
細かい定義があるわけではありませんが、だいたい室温は38~40℃くらいで、湿度を60~65%くらいにしたスタジオの中でヨガをおこないます。
多湿に慣れている日本人ならなんとなく想像ができますが、この中でヨガをすると通常よりたくさんの汗をかきます。
こまめに水分補給しながらポーズをとって、またしっかり大量の汗をかくという繰り返しが、ホットヨガの大きな特徴と言えるでしょう。


なぜこのような高温多湿の環境をつくったうえでヨガをおこなうのか、そこが一番気になるところでしょう。
実はこの環境下では、人の体がもっとも柔軟になり、大量に発汗できると言われています。
ヨガはスポーツなどとは違ってとてもゆっくりとした運動なので、ポーズをとって筋肉を伸ばしたりインナーマッスルを鍛えたりしても、あまり汗をかくことがありません。
高温多湿の環境だと、その場にいるだけで徐々に体の筋肉がほぐれ、自然に柔軟体操をするのに適した状況になります。
つまり、いつもよりもポーズをとりやすくなり、効率的に筋肉を伸ばすことができるわけです。
現代人はあまり汗をかけない体になりつつあると言われていますが、鍛え抜かれた肉体を持つアスリートたちは、すぐに筋肉が熱を発し、大量の汗をかくことができます。
一般人でも環境をつくることで大量に汗をかくことができるようになり、ヨガの静かな動きだけで十分な運動をすることが可能となるのです。


ホットヨガは何よりも、しっかり汗をかいた後の何ものにも代えがたい爽快感が魅力です。
高温多湿で運動などしたら体に悪いのではと心配する人もいるようですが、もともとヨガはゆったりとした動きですし、インストラクターが適切に水分補給を促すので安心です。
また、素人が体の負担にならないよう、ホットヨガで行うポーズや動きは厳選され、通常のヨガほど多様ではありません。
つまり、激しすぎるような動きはおこなわれませんので、不安に感じる必要は一切ないのです。
胸式呼吸と腹式呼吸を使い分け、全身の緊張をときほぐして身心ともにデトックスできるのがホットヨガの素晴らしい点です。
そもそもこのような環境でポーズを取ること自体、日常生活ではありませんし、いるだけで非日常の感覚を得ることができるのは大きなメリットです。
余計なことを忘れてホットヨガに集中すると、ストレスが消えて生まれ変わったようにスッキリとした心身でスタジオを出ることができるでしょう。

カテゴリー

PAGE TOP